診療案内|緑区相生の歯医者・歯科|相生デンタルクリニック

相生デンタルクリニック

MENU

診療案内

予防歯科

歯周病・虫歯予防で何よりも大切なことは、日々のパーソナルケアです。患者さまご自身が毎日しっかりケアを行えていれば、歯周病や虫歯のリスクを減らすことができます。当院では、患者さまにその重要性を理解していただけるように、まずはしっかり説明をすることを心がけています。

「お口の中に関心を持ってもらうこと」がパーソナルケアを行う上でとても重要です。そのため当院では、歯科衛生士が患者さまのお口の中を確認し、磨き残しがある部分や正しいブラッシングの方法をお伝えしています。ご自身の現状を知ってもらうことで、患者さまのお口への関心も高めることができると考えています。

また、定期的に検診を行うことも大切です。受診する度に歯科衛生士がケアの方法を確認することで、患者さまが正しいパーソナルケア方法を身につけられるようサポートしています。

一般的な歯科診療

歯は治療できる回数が限られています。虫歯治療の度に多く歯質を削ってしまうと、歯の健康寿命を短くしてしまうのです。そのため当院では、切削量を抑えるために歯科用CTやマイクロスコープを使用し、細部まで確認しながら丁寧な処置を行っています。

また当院では、患者さまの歯科へのモチベーションを維持できるように、率先してパーソナルケアの指導も行います。歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスの補助用具を用いた指導も欠かしません。

虫歯や歯周病を発症・再発させず、長期的に良い状態を維持するためには、日々のセルフケアのしやすさも重要です。虫歯治療を行う際には、今後の患者さまのメンテナンスのしやすさも加味して充填物や補綴物の作製を行うように配慮しています。

入れ歯

入れ歯治療はインプラント治療とは違い、外科的処置の必要がありません。また、患者さまのご要望に応じて保険診療、自由診療の両面から治療のご提案が可能です。当院は、患者さまの入れ歯に対するご要望をお聞きした上で、治療のご提案をいたします。

入れ歯は天然歯と比較すると3割程度しか咀嚼機能がありません。自由診療で入れ歯を製作したとしても、天然歯と同じように機能させることはとても難しいのです。当院では、患者さまにできるだけ快適に入れ歯をお使いいただけるように、どのような入れ歯を希望されているのか、どのような入れ歯が適しているのかを一緒に考えていきます。また、「ほかの歯にできるだけ負担をかけないようにする」という点も、当院が入れ歯作製の際に気を付けていることです。

入れ歯を清潔に保つためには日々のケアが欠かせませんが、毎日ケアをしていても磨き残しを作らないことは困難です。お持ちいただければ院内でメンテナンスいたしますので、ぜひ定期的に状態を見せにいらしてください。

小児歯科

歯が萌出してくる1歳から、歯科医院でケアを行うことは可能です。家事育児、お仕事でお忙しい親御さまだけでお子さまの歯が虫歯にならないように管理していくことはとても大変なことですので、お子さまの歯の健康を多方面から管理していくために、ぜひ定期的にご来院ください。

早い段階から歯科医院を受診する習慣を身につけていれば、仮に治療が必要となった場合も早期に対応することができます。また、治療目的だけでなく予防の観点から歯科医院を受診する習慣があれば、大きな虫歯を作る心配もありません。

当院はお子さまの歯の管理のお手伝いに重きを置いています。予防処置として、フッ素塗布やシーラント処置も行っています。協力的なお子さまに対しては、歯の染め出しを行い、どの部分に磨き残しがあるのか一緒に確認しています。お子さまのお口を健康に保つため、ぜひ3か月ごとに検診にお越しください。

矯正治療

歯並びが悪い、上下の顎の並びが噛み合わない状態を「不正咬合」と言います。この不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな口元に整えていく治療が矯正治療です。

当院では、基本的な症例に関しては院内で治療を行うことが可能です。難しい症例やより専門性の必要な矯正治療については、適した医療機関の紹介を行っております。

患者さまのお口の状態を診査・診断した上で、患者さまの症例に合わせた医療機関にご案内いたします。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

審美治療

保険診療で行う金属の被せ物は見た目が悪くなるだけでなく、歯垢(プラーク)が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすいというデメリットもあります。その点、自由診療のセラミックは天然歯に近い見た目を持つだけでなく、保険診療の銀歯よりも虫歯のリスクを軽減できます。

当院では、このような審美治療においても歯の神経をできるだけ残し、最低限の切削で治療を行います。より美しい歯を目指しながらも、患者さまの天然の歯を守ることが、大切なことだと考えています。神経を抜きたくないと思い治療をためらっていた方も、ぜひご相談ください。